害獣のことなら、害獣駆除naviにお任せ下さい!

会社概要

年間受付件数20万件以上
ご相談無料 24時間365日受け付けております

札幌市対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社札幌サニター
お客様が安心して見ていられるような施工を心がけている株式会社札幌サニターは害獣・害虫防除の専門業者さんです。
害獣の生息情報について

札幌市の害獣の生息情報について

札幌市は面積も広いため多くの野生動物が生息していますが、住民の生活に被害を与える害獣も多く生息しているため害獣駆除件数も年々増加している傾向があります。
毎年春から秋にかけて住宅地にも入り込み問題になっているのはヒグマで、日本に生息するクマの中でも最大級の大きさであり、オスは250キロから500キロ、メスは100キロから300キロの大きさで特に夏にかけては食べ物を求めてゴミステーションを荒らしたり、住宅地に侵入する事も多いため危険視されており、住宅地で見つけた場合はハンターによって駆除される事も多くなっています。
攻撃性が非常に高く自動車にも襲ってくる個体も多いため、目撃された場所や近隣を封鎖する処置をとる事も多くなっています。
札幌市でも都市部以外ではエゾシカの目撃情報も増加しており、住宅地に現れる事が多くなっており、道路に飛び出す傾向があるため車での走行中に轢いてしまう自動車事故や線路内に侵入し轢いてしまい汽車に遅れを出すなどのトラブルも増加しています。
エゾシカは冬場に餌が無くなると木の皮を食べるため、数が増加すると森林を食べつくし木が枯れるという問題も多くなっているため、生息数の把握や管理が重要になっています。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!