害獣のことなら、害獣駆除naviにお任せ下さい!

会社概要

年間受付件数20万件以上
ご相談無料 24時間365日受け付けております

堺市対応の弊社加盟店のご紹介

河内ホーム販売
河内ホーム販売は、豊かな実績をもった職人が揃っているので、害獣の防除にも意欲を持って取り組んでいます。
大阪ウイントン株式会社
大阪ウイントン株式会社は害獣の防除作業に取り組むだけではなく、効果のある商品の開発にも力を入れている駆除業者です。
大阪特殊清掃
大阪特殊清掃は清掃業者でありながら害獣の防除にも高い技術を発揮する事が出来るので、害獣の防除にも意欲的に取り組んでいます。
害獣の生息情報について

堺市の害獣の生息情報について

人間の生活に悪影響を与える動物のことを、害獣と言います。
近年、害獣の個体数が増えたり、生息域が広がってきていることにより、害獣駆除の需要が高まってきています。
大阪府堺市では、カラス、ドバト、イタチ、アライグマの被害が増えてきています。
堺市は、政令指定都市で、大阪府内では大阪市に次いで人口が多い都市です。
その堺市内には、ハシブトガラスとハシボソガラスというカラスが生息しています。
どちらも山に巣を作り棲んでいますが、近年では市街地でも巣を作っている姿が見られています。
カラスは頭がとても良く、巣に近付くと、相手が人でも攻撃をしてくることがあります。
更に、ゴミ集積所でゴミを荒らしたり、泣き声による騒音の被害が市内全域で報告されています。
ドバトは、市内では駅前の広場等でよく見られています。
ドバトはかつて、人に飼われていたものが野生化し、今ではどこでも見られるようになりました。
人が餌をやることにより、現在もその個体数は増加していっています。
イタチやアライグマも、市街地へ進出してきているのが確認されています。
よく目撃されているのは、ニホンイタチではなくチョウセンイタチという外来種です。
チョウセンイタチは、警戒心が弱いので、人間の生活内にも進出してくるようになりました。
アライグマも、元々ペットとして日本に持ち込まれた外来種です。
今では、市内全域で目撃されています。
これらの外来種が数を増やしていくことにより、日本古来の生物の数が減少傾向にあることも不安視されています。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!