害獣のことなら、害獣駆除naviにお任せ下さい!

会社概要

年間受付件数20万件以上
ご相談無料 24時間365日受け付けております

北海道対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社札幌サニター
株式会社札幌サニターは一般社団法人北海道ペスト今ロール協会にも所属している業者で、ねずみを始めカラスなどの害獣、害鳥の駆除を行っております
西武消毒株式会社
ねずみ駆除を始めシロアリ、ゴキブリの駆除を行っているのが西武消毒株式会社です。綿密な調査で害獣/害虫を一掃します。
北海道衛生サービス
ねずみを中心に駆除を行う北海道衛生サービスは、年間管理も委託できる経験と技術が豊富な企業です。
害獣の生息情報について

北海道の害獣の生息情報について

北海道は自然が多く多種多様な動物の生息地ですが、住宅地や都市化が進んだ地域で動物が農作物を荒らしたり人に危害を加える問題も年々増加しているため、生息動物と人間の住み分けが曖昧になりつつあるという問題も抱えています。 北海道内で一番害獣として危険視している動物はエゾヒグマであり、北海道内にのみ生息し日本国内の陸上生物の中で最大の動物であり道内では札幌圏内での出没が毎年夏から秋にかけて多発しており、害獣駆除として駆除の対象になります。 エゾヒグマは道北、道東、道南の地域で生息しており150キロから大きいサイズは400キロの大型のエゾヒグマもおり、冬眠前の秋に入ると食べ物を探して住宅地に入り込む事が増え、非常に凶暴なため危険性があると判断された個体は駆除する事になっています。 道東での害獣駆除はエゾシカでありメスは100キロ、オスは150キロの大型の鹿で道東地区で生息数が増加しており、農作物をあらしたり、冬場の餌がない時期は木の食害が問題となっており道路に飛び出し車と接触する事故も多発しているため道東の一部地域では街の近くでも害獣駆除としてハンターが鹿を撃つ事もあります。 現在では食用として販売する運動をしていますが、鹿の増加での事故や害は未だ増加しています。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!