害獣の駆除なら害獣駆除110番

*

害獣駆除110番

年間受付件数20万件以上

ご相談無料 24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7883

フリーダイヤル0800-805-7883

保護されている野生動物

【鳥獣保護法】

人間に害を及ぼす動物なんだから、殺してもかまわない。というわけにはいきません。そんな動物の中には環境省から「鳥獣保護法」という法律で守られているものもいるんです。鳥獣保護法の目的は「鳥獣の保護及び狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資すること」です。これにより、簡単に殺すことはできず、許可が必要になります。そのような動物を保護する法律は「鳥獣保護法」だけではありません。そのほか、「動物愛護法」や「外来動物法」など、あらゆる法律が動物を守っています。なので、動物に被害を受けてもその場で自分で殺すことはできません。しかし、許可のもらい方などの手続きをどのようにすればいいのかわからない、といった方はたくさんいらっしゃいます。また、わかっていても非常に手間ですので、業者に頼むケースも少なくありません。業者に頼めば許可の手続きから駆除まですべてを行ってくれます。中には凶暴で危険な動物もいますし、狩猟が困難な動物がたくさんいます。そういったことからも、狩猟は業者に頼むのが一番かもしれませんね。

【鳥獣保護法対象動物】

鳥獣保護法の対象となるのは、基本的に鳥類・哺乳類すべての野生動物です。中には例外もあります(ドブネズミ・ハツカネズミ・ゴマフアザラシ・ニホンアシカなど)。日本で多くの人が被害に遭っているアライグマやハクビシン、イタチなど、ほとんどの動物が許可なしに殺すことはできなくなっていますのでご注意ください。

害獣のことなら、害獣駆除naviにお任せ下さい!

スタッフ待機中!