害獣の駆除なら害獣駆除110番

*

害獣駆除110番

年間受付件数20万件以上

ご相談無料 24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7883

フリーダイヤル0800-805-7883

ハクビシンについて

【ハクビシンの生態】

ハクビシンは、漢字にすると「白鼻芯(心)」と書きます。この名前の通り、ハクビシンは鼻筋に白い線があるのが目印です。日本でハクビシンが見られるのは本州の東側と四国と北海道のみ。61~66cmくらいの大きさで、尻尾は40cmと長い。体の大半は灰色ですが、頭と手足と尻尾は黒っぽい色をしています。ジャコウネコ科の動物なので、少しネコ顔です。ハクビシンはとにかく運動能力が優れており、木登りはもちろん電線の綱渡りも上手にこなします。他にも、1メートル以上垂直にジャンプできるという特技も持っています。基本的に夜行性で昼間はひっそり暮らしています。アライグマと同じく雑食で、果実や小動物などをエサとします。

【ハクビシンの被害】

雑食性なので、家畜のニワトリを食べられてしまったり、果樹園のミカンやナシ、カキ、モモなどを食い散らかせるといった被害があります。ハクビシンは糖分が高い食べ物を好みますから、果樹園は全般に、野菜畑でも糖分の高い野菜は狙われやすいといえます。こういった被害は拡大してしまう前になんとかしなければいけません。しかし、ハクビシンは「鳥獣保護法」により保護されており、一般人が許可なく勝手に駆除することはできなくなっています。なので、ハクビシンの被害に困ったときは自分で無理になんとかしようとせず、駆除業者に依頼するのが一番確実といえるでしょう。

【ハクビシンの対策】

ハクビシンの被害に遭わないように対策をうつとすれば、どのような方法があるでしょう。まずはエサやなどでおびき寄せ捕まえる方法があります。他に、ハクビシンが嫌いな煙や匂いなどをたいて近づかないようにする方法があります。また、ハクビシンが登れないくらいのフェンスを構える方法があります。

害獣のことなら、害獣駆除naviにお任せ下さい!

スタッフ待機中!